2007年07月01日

NHK朝ドラ どんど晴れ−今週のシーンから

何故か今週、柾樹が帰ってきて一本桜の前で雪遊びをするシーンが出てきます。このときの撮影の裏話をひとつ、

冬の一本桜のシーンを撮影したのは、2月の中旬。ロケに行く前、今年は暖冬で盛岡も雪が少ないと聞いていました。実際、ロケの初日はほとんど雪が積もっていなかったのですが、一本桜のシーンを撮影する前日の夜から雪が舞いはじめたんですよ。朝、現場に着くと一本桜のある小麦畑は一面の銀世界で、とってもきれいでした!満開の一本桜も素敵ですが、銀世界の中に立つ姿も素晴らしくて…。本当に色んな顔を持っているなと思いました。
それから、私は沖縄出身なのでこんなに真っ白な世界を体験するのは初めてでした。うれしくて「雪のなかを転げ回りたい!」という衝動に駆られたのですが、さすがに衣裳さんから「ダメ!」と言われて…。でも、空き時間にプチ雪合戦をしたんですよ(笑)。今思い出しても本当に楽しかったです。また、行きたいなぁ〜。

190424ippon2.jpg



posted by kin at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ、明日は

いよいよと言うか、ようやく柾樹が帰ってきます。
長かったね、夏美ちゃん!

明日の話は、

夏美(比嘉愛未)は、柾樹(内田朝陽)から盛岡に帰ると知らせを受けて久しぶりに明るい気持ちになる。そして、柾樹が加賀美屋を継ぐと言ったことをカツノ(草笛光子)に伝えた。彩華(白石美帆)を浩司(蟹江一平)と結婚させて女将にしようと考えていた環(宮本信子)は焦り出す。彩華は柾樹が戻って来ても夏美を押しのけて女将になる自信はあったが、環は夏美が彩華にはない女将の資質を持っていると不安を感じていた。
posted by kin at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月02日

NHK朝ドラ どんど晴れ−うーん?

どんど晴れが、前々晴れてないじゃないかとか見る気がしないとか言う意見が増えてきています。原因はずばり、彩華さんでしょう!
白石美帆が、この役をすることで、嫌いになったって人がいるようです。私もなんでこんな嫌な役を引き受けるのか分かりませんが、こんな役しか廻ってこないのかな?演技力ないし・・・
ブサイク三人組よりはマシか!

こういったドラマは、どこかで主人公が溜飲を下げるシーンを持ってこないと「見たくもない」と思う人が増えて視聴率が最低とかになりかねない気がします。
やっぱり、NHKの体質がそうさせているのか分かりませんが、脚本家は、もう少しすっきりする展開にしないと、NHK史上初めて朝ドラの打ち切りなんて憂き目にあいますよ。

テーマが難しいのか無理した展開が多く、何度も書いているように突っ込みどころ満載です。

前作で癒し系を持ってきて、前々作で天才女優を使って、少しは回復基調にあった視聴率を落として欲しくないためにも、もっとおもしろい展開を期待します。
posted by kin at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ、明日は・・

明日の展開は、

夏美(比嘉愛未)と彩華(白石美帆)のことで従業員たちがいがみあっていると聞いたカツノ(草笛光子)は環(宮本信子)に厳しく意見した。旅館のことに口出しされた環は内心腹立たしかったが、姑の言うことには逆らえず悔しい思いをする。ある日、柾樹(内田朝陽)の同僚の香織(相沢紗世)が客として加賀美屋に現れた。香織はなぜ柾樹が仕事をやめて盛岡に帰ると言い出したのかを探るために夏美に会いに来たのだった。
posted by kin at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月03日

NHK朝ドラ どんど晴れ、季節はいつ?

 どうも毎日暑い日が続くと、ドラマの季節がいつなのか分かりにくくオ見ます。
服装や椿の花があることから、晩秋なのかな?と想像していますが・・

 また、今日も性悪女している美帆さん、まだ電車男の陣釜さんの方が嫌味がなくてよかったように思います。
 この役降りないと、次は無いような・・女優生命の危機、なんてことになりませんように。
 
 
posted by kin at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ−香織さん

相沢さん、美人ですね。爽健美茶のCMの方が印象的ですが・・。

明日は、

夏美(比嘉愛未)の柾樹(内田朝陽)に対する真っすぐな気持ちを知った香織(相沢紗世)は、納得して帰った。ホテルに戻った香織は、柾樹の辞意を撤回させようとする吉沢(ささきいさお)に柾樹のやりたいようにやらせて欲しいと頼み込む。夏美が柾樹を信じて待つ気持ちに負けたと、香織は柾樹に打ち明けた。柾樹は最後の仕事を無事終えた夜、夏美に電話をする。もうすぐ会えるという柾樹の言葉に夏美は喜んだ。
posted by kin at 16:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月04日

NHK朝ドラ どんど晴れ−明日は

今日は、特に感想がありません。
平穏無事と言うか、久々に安心して見ました。

さて、明日は、

柾樹(内田朝陽)がやっと盛岡に戻ることになり、浅倉家を去る日が来た。啓吾(大杉漣)や房子(森昌子)は夏美(比嘉愛未)のことを守って欲しいと柾樹に頼む。盛岡に着いた柾樹は夏美を一本桜に呼び出した。一面の銀世界にすっくと立つ一本桜を前に、これから二人一緒に生きていくことを誓う。一方、柾樹を迎える環(宮本信子)や伸一(東幹久)はいよいよ対決姿勢を強め、さらに彩華(白石美帆)も夏美に敵対心を燃やしていた。
posted by kin at 20:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月05日

NHK朝ドラ どんど晴れ−景色が

小岩井農場の雪の一本桜、とてもきれいでした。

柾樹も帰って来たし、あとはどうやって彩華を追い出すか?

明日は、

やっと加賀美屋に戻った柾樹(内田朝陽)は迎えに出た環(宮本信子)たちへのあいさつもそこそこに、夏美(比嘉愛未)と一緒にカツノ(草笛光子)と嬉しい対面をした。そのあと環にうながされて柾樹は従業員たちにもあいさつをする。その場で学生時代のマドンナだった彩華(白石美帆)と再会して驚いた。その上、彩華が浩司(蟹江一平)と付き合っていること、夏美と一緒に女将修業をしていることを聞いてさらに驚く。

posted by kin at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月06日

NHK朝ドラ どんど晴れ、えっ

彩華の狙いって、柾樹なのかい?

それで、加賀美屋の女将になりたいのかな?

意外な展開ですね。(そう思うのは私だけ?)

ふーんって感じです。

高校卒業して何年経っている設定なのかわかりませんが、

随分長いこと想っていたんですね。
posted by kin at 13:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ−明日は

明日は、七夕です。ドラマには何の関係もありませんが・・
明日は、

柾樹(内田朝陽)が加賀美屋で働き出してから、カツノ(草笛光子)と環(宮本信子)の緊張が高まる。柾樹と夏美(比嘉愛未)の結納を急かすカツノに対して、環たちは浩司(蟹江一平)と彩華(白石美帆)の結婚話を進めようとするがうまくいかない。ある晩、夏美の下宿で開かれた柾樹の歓迎パーティーに浩司と彩華が現れ、柾樹と久しぶりの再会を祝った。以前、彩華が柾樹のことが好きだったことが四人の関係に微妙な緊張を生む。
posted by kin at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月07日

NHK朝ドラ どんど晴れ−来週の予告

w15_1.jpg

第15週「伝統は変えられません」7月9日(月)〜7月14日(土)

夏美(比嘉愛未)は柾樹(内田朝陽)が加賀美屋に戻って来たおかげで、仲居の仕事にいっそう張り切っていた。柾樹は伸一(東幹久)の下で帳場を手伝うことになったが、環(宮本信子)はそのうち二人の立場が逆転するのではないかと心配する。彩華(白石美帆)は加賀美屋の内紛につけ込めば女将になれると考えて浩司(蟹江一平)と付合いはじめたと柾樹に告白し、柾樹の胸で泣いた。旅行ガイドブックの調査員が加賀美屋の格付けをするために来ることになって、夏美と彩華のどちらが若女将にふさわしいか、この調査員の評価をもとに白黒をつけようと環は考えた。ある日、川端(中島久之)という調査員らしい男が宿泊に訪れた。伸一は彩華を強引に川端の担当につけて、女将競争で有利になるよう計らう。夏美は予約なしで来た怪しい客・田辺(温水洋一)の担当を命じられる。田辺はあれこれと無理な注文をするが、夏美はそれに一生懸命応えていく。さらに夕食はじゃじゃ麺が食べたいと言う田辺の希望を叶えようとするが、柾樹は板場が自信を持って作った料理を出すべきだと忠告した。夏美は自分の思慮が浅かったことに気づき、料理も加賀美屋のおもてなしだと説いて田辺を納得させる。



posted by kin at 22:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月08日

NHK朝ドラ どんど晴れ−評価が・・

白石美帆の評価が二分しているようです。
よく言えば、性格俳優、悪く言えば、こう言う役しかできない。
ファンではあっても演技は??です。

明日は、

夏美(比嘉愛未)は柾樹(内田朝陽)が戻って来て、仲居の仕事にいっそう張り切っていた。彩華(白石美帆)はそんな夏美に冷めた態度で接する。伸一(東幹久)の下で帳場の仕事を手伝いはじめた柾樹は仕事の飲み込みも早く有能なため、環(宮本信子)はそのうち柾樹と伸一の立場が逆転するのではないかと心配する。ある夜、夏美は帳場で一人残って書類を調べる柾樹を見つけるが、その思いつめた表情に声も掛けられなかった。

posted by kin at 10:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月10日

NHK朝ドラ どんど晴れ−明日は波乱含み

柾樹と伸一じゃ比べようもないようなキャリアですから、立場が逆転するのは目に見えています。女将の競い合いも、彩華が女将になる理由が特にないから、結果は見えているように思えますが・・・・

さて、明日(もう今日でした)は、

夏美(比嘉愛未)と柾樹(内田朝陽)が仲良く話をしているところに、入院中の母親を見舞った帰りの彩華(白石美帆)が通りがかるが、二人を避けて行ってしまう。その夜、居残り仕事をする彩華を柾樹が訪ねる。彩華は加賀美屋の内紛につけ込めば女将になれると考えて浩司(蟹江一平)と付合いはじめたと告白し、柾樹の胸で泣いた。新作料理を完成した浩司は彩華を探していたが、抱き合う二人の姿を見てショックを受ける。


posted by kin at 00:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ−それはないだろ、柾樹くん

凹んでる女に優しい言葉をかける・・

そりゃそうなるわな!

柾樹くん、あんた誰でもいいんかい?

懐が深くて寛大なのか、ただの優柔不断なのか

わかりませんが、少なくとも二人は傷ついたことは

まちがいありません。

彩華が、女将にこだわる理由もよくわかりません。

また、突っ込み所が発生してきたような・・・・

さて、明日は、

旅行ガイドブックの調査員が加賀美屋の格付けをするために来ることになった。夏美(比嘉愛未)と彩華(白石美帆)のどちらが若女将にふさわしいか、この調査員の評価をもとに白黒をつけようと環(宮本信子)は考える。昨夜彩華と柾樹(内田朝陽)が抱き合っているところを目撃した浩司(蟹江一平)は、一人で堪えきれずにそのことを夏美に打ち明けた。柾樹のことを信じるときっぱり浩司に言い切る夏美だったが・・・・・。



タグ:ドラマ
posted by kin at 13:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月12日

NHK朝ドラ どんど晴れ−夏美を取り巻く嫌な奴

夏美の周りは敵ばっかしって状況だけど、何か話が見えて・・

調査員って言うのが、絶対、川端(中島久之)さんじゃなくて、田辺(温水洋一)さんなのも間違いないと誰もが思うんじゃないでしょうか。


まあ、今日のお話は、

伸一(東幹久)は彩華(白石美帆)にだけガイドブックの調査員が来ることを教えて、夏美(比嘉愛未)との女将競争で有利に立てるよう計らった。彩華は浩司(蟹江一平)をアパートに呼んで、自分にだけ力を貸して欲しいと頼み込む。前夜に柾樹(内田朝陽)と彩華が二人きりでいたことを知った夏美は柾樹に確かめたかったが、聞けないまま落ち込んでいた。その日の午後、川端(中島久之)という調査員らしい男が宿泊に訪れる。

posted by kin at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ−調査員

旅館の調査員って?

それらしい格好しては来ないと思うんだけど・・・

まあでも、彩華が女将になりたい理由がいまだによくわかりません。
単に女将になりたいのか?
柾樹が好きなのか?
女将を天職だと思っているのか?

何なんでしょう?

明日のお話は、

伸一(東幹久)は彩華(白石美帆)を雑誌の調査員と思しき川端(中島久之)の担当に命じる。彩華はそつなく接客し川端に好印象を与えた。一方、夏美(比嘉愛未)は雑用をこなしていたが、裏庭で怪しい男・田辺(温水洋一)を泥棒と勘違いして一騒動起こす。予約なしで来た田辺は無理を言って宿泊するが、岩手山の見える部屋に変えてくれと夏美を困らせる。夏美は田辺に目を閉じるように言うと、岩手山の美しさを語り始めた。

無理難題を押し付けるのが調査員とも思えませんが・・・さて・・
posted by kin at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月13日

NHK朝ドラ どんど晴れ−結果は?

女将争いの結果は?

誰がどう見ても田辺さんが調査員で、夏美は気に入られ、彩華は今までのぼろが出て・・ちゃんちゃん   

そんな気がしませんか!

明日のお話は、

夏美(比嘉愛未)は田辺(温水洋一)から夕食には加賀美屋の定番メニューではなく、じゃじゃ麺が食べたいと言われて困ってしまう。何とかしてその希望を叶えようとする夏美に柾樹(内田朝陽)は、板場が自信を持って作った料理を出すべきだと忠告する。夏美は自分の思慮が浅かったことに気づき、料理も加賀美屋のおもてなしだと説いて田辺を納得させた。夕食後、それでもじゃじゃ麺が食べたと田辺が言い出す。

posted by kin at 21:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月14日

NHK朝ドラ どんど晴れ、なんとなく

何となくですが、NHKのドラマって事があるのか演技が固い気がします。何処となく不自然な演技が目立つような・・
で、今日のお話の中の料理について、旅館だって一律料金ではないし、料金により料理も異なると思いますが・・・それに、他のお客さんへ運ぶ料理をチェックしますか?
 いかにも調査員って感じなのに、誰も気付かないのも・・

女将争いの基準は?
だって調査員(伸一達が勘違いしている)に夏美と彩華のどちらが女将に適しているか判断してもらうんでしょ。でも、調査員は彩華しか見ていないのに、何をどう判断させるのか・・うーん、わからない。
posted by kin at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ、来週の予告

w16_1.jpg
やっぱり!の展開のようです。来週は、

第16週「競い合いの決着」7月16日(月)〜7月21日(土)

彩華(白石美帆)が担当した客はガイドブックの調査員ではなく、夏美(比嘉愛未)の担当した客が調査員だった。夏美のサービスや態度が素晴らしく老舗旅館にふさわしいもてなしだったと雑誌記事で賞賛される。それを知ったカツノ(草笛光子)は夏美と彩華のどちらが若女将にふさわしいか、結論を下すようにと環(宮本信子)をせき立てた。環は彩華に敗北を告げようとするが、彩華はここで自分が負ければ環の立場は不利になると切り返す。ある日、彩華は訪ねて来た男たちに借金の返済を強引に迫られるが、浩司(蟹江一平)と柾樹(内田朝陽)が捨て身で彩華を守った。夏美は病気で休む彩華を見舞いに行き、彩華が自分を追い出そうと仕組んだ計略をすべて聞かされる。彩華は女将になることでしか満たされない寂しい心の内を夏美にさらけ出した。しかし、夏美は彩華のことを大切に思う浩司や柾樹の存在に気づいて欲しいと訴え、互いに女将を目指して競い合おうと励ます。翌日彩華は環を訪ね、敗北を認めて加賀美屋を去った。そして、柾樹が加賀美屋の経営改革をするために動き出すが、とんでもない揉め事が起きてしまう。



posted by kin at 13:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月15日

NHK朝ドラ どんど晴れ、正義は勝つ!

 予定通りの展開で、あまり面白くもありませんが、夏美ちゃんがすっと真面目に働いてきたのだから、ずるした彩華に負けることはないと信じていました。

それでも今週、まだ粘る彩華の女将へのこだわりは理解できません。

と言うことで明日のお話、

彩華(白石美帆)が客室担当した川端(中島久之)はガイドブックの調査員でなかったことが判り、環(宮本信子)たちは落胆する。実は夏美(比嘉愛未)が担当した客が調査員で、夏美が困るような要求をしたのは、加賀美屋の旅館としての実力を見極めるためだった。雑誌記事の中で、夏美はサービスや態度が素晴らしく老舗旅館にふさわしいもてなしだったと称賛される。このことよって、夏美が若女将競争で優位に立つことになった。

posted by kin at 10:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。