2011年05月06日

NHK「どんど晴れ」スペシャル今夜7時30分〜

どんど晴れスペシャル、それからの夏美

すっかり女将が板についた夏美なのか夏美が板についた比嘉愛未なのかは別にして、こんな女将さんのいる旅館に泊まってみたいものです。

スペシャルでは、雪んこまで出てきて、座敷わらしと共演?しています。多少ご都合主義や配役の違いに違和感はありますが、広大な岩手山を背景に一本桜の綺麗さは全てを癒してくれる感じがします。

どんど晴れスペシャル出演者から東北のみなさんへメッセージ

NHK朝ドラ どんど晴れスペシャル出演者から東北のみなさんへメッセージ BGM 小田和正 ダイジョウブ 「どんど晴れ」ファミリーから東北の皆様へ 4月24日から放送される「どんど晴れスペシャル」は、2007年に放送された連続テレビ小説「どんど晴れ」の続編です。今回も、岩手県が主な舞台となります。 4月13日、放送に先立って行われた記者会見で、「どんど晴れ」出演者一同から、東北の皆さんへ向けて書かれたメッセージ色紙が公開されました。 お世話になった岩手、そして東北の皆さんに、少しでも笑顔になっていただきたい...そんな出演者一同の心が入った色紙です。かなりの分量になりますが、このコーナーで実物をご紹介したいと思います。 思わず胸が熱くなってしまいました... 今回も、新入りドラマ記者のアンザイがお伝えします。前回の記事でも少し触れましたが、私は福島県の出身で、大学は宮城でした。それだけに、今回の大震災と「どんど晴れ」には特別な思い入れがあります。 そんな「どんど晴れ」ファミリーのみなさんから、「笑顔を忘れないで」「未来を信じて」という色紙が寄せられたのを見て、思わず胸が熱くなってしまいました。 どんな色紙が寄せられたのか、ぜひご覧ください。 いかがでしたでしょうか? 出演者一同からは、色紙とあわせてコメントも発表されました。こちらはドラマスタッフブログ でご紹介しておりますので、よろしければご覧ください。 私が心に残ったのは、新人仲居・氷室雪子役を演じたICONIQ(アイコニック)さんの言葉です。 「こういった状況の中で、軽々しく『頑張って』と発言したくないと思っています。現地の方々は十分頑張っておられると思います。頑張るのは私たちです。東北のみなさんに『大丈夫です』と伝えたいです。」 私も東京で頑張らないといけない ...

比嘉愛未 「どんど晴れスペシャル」

比嘉愛未動画ブログ「Smile Life」更新中!! higamanami.vision-blog.jp

posted by kin at 18:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月24日

どんど晴れスペシャルを見た

久々の愛未ちゃんの夏美ちゃんを見ました。相変わらず細いけれど、芯のある若女将を熱演していました。ドラマは、ちゃんちゃんでハッピイエンドでしたが、懐かしい顔ぶれが沢山見れて良かったです。

南部鉄器の平治さんは、長門裕之じゃなかったですかね。



振り返ってあらすじは、



 夏美は盛岡の老舗旅館、加賀美屋の若女将として奮闘中。ある日、シンポジウムでリゾート会社代表の高木寿之と出会う。高木は自然の力を活かし、経営難の旅館を建て直すリゾート再生の第一人者だった。高木から、加賀美屋も改革をしないかと提案があり、柾樹と伸一は高木が手がける青森の旅館を視察。環境に優しい施設作りに加え、おもてなしのマニュアルで仲居教育をする方式に感銘を受け、導入に賛成する。しかし女将の環や夏美は、それが本当のおもてなしにつながるのか疑問を持っていた。「目に見えるおもてなし」を求める高木を探るため、高木の故郷、遠野に向かう夏美。その頃、高木が手がけていた青森の旅館が…。



再放送は、5月6日と7日19:30〜

前作の総集編は、5月3・4・5日の16:45〜 ありますよー!
posted by kin at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月28日

NHK朝ドラ、どんど晴れ、久々の出演者たち

photo_071015b.jpg 年末に「どんど晴れ」の特集があることは知っていましたが、今日とは思いませんでした。久々に出演者全員集合でしたね。
愛未ちゃんは、相変わらず綺麗でした、が、前髪切っていたのがちょっと変だったかな?
白石美帆も久しぶりに見ました。最近、出番がないですもんね。
比嘉愛未ちゃんもオファーが来ないんでしょうか、日記も更新されていないし、大物の予感はするのですが・・・・。
 私事ですが、このサイト開いたのも久々なんですが、毎日いまだにユニークアクセスが50ほどあり(多い時は700ほどありました)びっくりしました。細々と続けていこうと思います。


posted by kin at 10:57 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月06日

NHK朝ドラ、どんど晴れ、その後の出来事

どんど晴れが終わって1週間、あっけなく終わった感じがしますが、その後の出来事です。

好評のうち終了したNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」がもう1つのゴールを迎えていた。出演した内田朝陽(25)と蟹江一平(31)が8月のクランクアップ後、自転車で旅に出た。東京・渋谷のNHK放送センターを出発、800キロ先の岩手・雫石町を目指した。ドラマのラストシーンの舞台となった岩手山と一本桜がゴールラインだった。

どんど晴れの後のドラマ、ちりとてちん、面白いのかどうかは、まだわかりませんが、こちらもストーリーや感想などを書いていますので、よろしかったら立ち寄ってください。

NHK朝のドラマ、ちりとてちん
posted by kin at 07:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月29日

NHK朝ドラ どんど晴れ、終わっちゃった。

sakura_ph.jpg
終わってしまいましたね。
万事が上手くいって、どんど晴れ(めでたしめでたし)になってよかったです。半年間があっという間だった様に思います。このサイトにお付き合いしてくださいました皆様ありがとうございました。どんど晴れの続編が年末にありますから、それまでは閉鎖しませんので、コメント等よろしくお願いします。

来週からは、貫地谷しほり主演のちりとてちんが始まります。こちらもよろしくお願いします。
posted by kin at 08:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月28日

NHK朝ドラ どんど晴れ、終りよければ・・最終回

 終わりよければ、全て良し でハッピイエンドで終わりそうで、よかったです。
 終盤に入り、愛未ちゃんの演技も様になってきて、序盤のぎこちなさが消えて女優さんとしても成長したのではないでしょうか。

 今更、原作がどうこう言うつもりはありませんが、盛岡の魅力はたくさん表現できていたと思いますし、行ってみたくもなりました。明日で放送が終了しますから、撮影に使われた旅館の名前を公表してもいいのではないでしょうか。

最終回のお話は、
 
 加賀美屋買収の危機は去った。そこへ夏美(比嘉愛未)の弟・智也(神木隆之介)が啓吾(大杉漣)の作った「桜のシブースト」を持って訪れていた。夏美は一本桜をイメージして作ったこのケーキを新生加賀美屋の象徴にしようと考える。環(宮本信子)は女将・若女将として加賀美屋の名に恥じないよう誠心誠意務めに励むことを夏美と一緒に誓う。そして、夏美と柾樹(内田朝陽)は満開になった一本桜を再び訪れた。
posted by kin at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ、どんど晴れ、明日は最終回

どうにかこうにか話がまとまり、どんど晴れになりましたね。

突っ込めば限りなくと言うところは多々ありました。乗っ取り屋のプロを自称し、どこからか加賀美屋の株を取得した秋山が株の名義変更をしていないとか、再起が難しいと言われていた親父が、いきなりケーキを届けさせたり、岸本会長が株を引き受けた条件が、もてなしの心を忘れないことだけ(金銭面の条件はないのかい)とか。

結局まるく収まれば、それでかまいませんが・・・・

このドラマを通じて、世の中の人々が思いやりの心を持ってくれればいいんですがね。

posted by kin at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月27日

NHK朝ドラ どんど晴れ、あと2回

どんど晴れが、izaでも話題にあがっていましたので掲載します。

 盛岡の老舗旅館を舞台に若女将の奮闘を描くNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」。今週末29日、いよいよ最終回を迎えるが、終盤に入ってストーリーが急展開、同局で話題を呼んだ外資買収ドラマ「ハゲタカ」をほうふつさせる内容に視聴者はハラハラさせられっぱなしだ。

 朝ドラといえば、通勤通学の間際に、つかの間ホッとしたり、ジーンとさせられる内容が常だが、「どんど晴れ」の場合は、「終盤に入ってサスペンスのように目まぐるしく、ある意味で、現代的な異色のシナリオ」(テレビ誌編集者)だ。

 ヒロインの比嘉愛未(まなみ)(21)は、朝ドラでは3年ぶりのオーディションで大役をつかんだ。無名に近かったこともあり、初回こそ平均視聴率は過去最低の14.9%だったが、演技力も手伝って、2回目には早くも18.5%に急上昇。その後、韓流スター、リュ・シウォン(34)を特別出演させるなど、“視聴率対策”もぬかりなかった。

 そして、終盤の今月6日以降はすべて20%を超える好成績が続く。
 「舞台の旅館で、経営方針をめぐる経営陣の対立に翻弄される若女将。あげく、外資ファンドに買収される危機に直面しているからです。牧歌的な老舗旅館の日常と、現代サラリーマンにとってだれもが無縁ではない買収劇のミスマッチに目が離せなくなった」(テレビ誌編集者)

 NHKといえば、人気経済小説が原作のドラマ「ハゲタカ」を今年2月に放送。ギャラクシー賞を受賞し、夏にはDVD化や再放送で熱烈なファンを得た。「ハゲタカ」でも老舗旅館の外資買収が詳しく描かれたが、二匹目のドジョウ狙い?

 同局広報は、「『どんど晴れ』は小松江里子さんの書き下ろしなので『ハゲタカ』とは関係ありません。老舗旅館の世代も価値観も違う人々が、危機にどう立ち向かうか。そこを描くことで日本人の持つ潔さ、凛とした姿が生きると考えています」とコメントする。

 視聴者からは、外資ファンドの手先を演じる石原良純(45)に「今まで温かいと感じたのに、悪人なのか?」と、声が寄せられるほど白熱するラスト。「ハゲタカ」では、資金繰りに行き詰まった旅館経営者が自殺に追い込まれるが、方言の“どんど晴れ”が意味する“めでたし、めでたし”となるか。

 視聴率が上がったのは喜ばしい事ですが、唐突にドラマが進行している感じです。
 それにしても、秋山は誰から株を買ったのでしょう?本人が言っていましたよね「加賀美屋の身内に株を売る人間はいないだろう」と。
でも株を持っているのは、加賀美屋の親族だけなんですよね。誰から買ったのか教えて欲しいです。

 それに、外資が筆頭株主なのは間違いなく、いつでも株主提案ができるのは間違いなく、伸一から株を取得した時の違法性を証明しない限り元の加賀美屋には戻りません。外資が諦めてくれれば話は早いですが、あと2回で収拾するんでしょうか?

明日のお話は、
柾樹(内田朝陽)と夏美(比嘉愛未)は買収を仕掛ける外資グループの元社外取締役・岸本(夏八木勲)に面会するため東京に来た。そこで二人は岸本の息子・聡(渡邉邦門)を見つけて驚く。夏美はおもてなしの心を守るため加賀美屋を存続させて欲しいと岸本に頼み込むが、どのような決定が下るかは予断を許さなかった。秋山(石原良純)は盛岡に戻った夏美に、おかげで人を信じる心を取り戻せたと感謝して去ってゆく。
posted by kin at 19:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月26日

NHK朝ドラ どんど晴れ、一触触発

 セインの顔が「さくら」の時と違ってとても怖く見えます。こんな役していると、白石美帆みたいになっちゃうぞ!
 
 こういう事態(乗っ取り)が起こると必ず、より強いものが現れて事態を収拾させますね。現実には、代議士だったりするんでしょうが・・

 ひとつ、疑問が・・・それは、乗っ取り屋が「加賀美屋を再建するためには・・・・」と言っていましたよね。加賀美屋は、債務超過でも赤字経営でもなく、いたって健全な旅館のはず(柾樹の予定では10年先は危ない、裏を返せば今は安全)、再建の必要ないじゃん。優良企業であれば経営責任なんて何処にもないじゃん。
訳がわかりません。
 それに、現段階で営業中止を何の権限で出せるのか?
株主総会が開かれ解任されない限り、親父が社長で経営権を持っているんだから、はねつければいいだけの話なのではないですか。経営権を持っているのは女将なのかもしれませんが・・・

どうこう言っている間に、あと3回になってしまいました。
明日は、

営業を即刻中止するか、さもなくば従業員全員を解雇すると言われた環(宮本信子)は営業中止を受け入れた。だが、今日一日だけは宿泊客を迎えたいと頼み込む。互いに譲らずにらみ合う両者の間に秋山(石原良純)が割り込み、自分の取り分の加賀美屋株は買収に使わせないと部下たちに宣告した。これで加賀美屋は何とか営業中止の危機を免れる。そして、夏美(比嘉愛未)は事態を打開するために東京に向った
posted by kin at 14:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月25日

NHK朝ドラ ドン度晴れ、あと4話でお終い。

 カウントダウンに入ってきましたね。あと4日ですべて収拾するんでしょうか?いきなりハッピーエンドにしてしまうのか心配ですが・・・

この時点になって聡の存在が大きくなったようです。また、聡とカナもくっついちゃうんでしょうが、そんな時間があるのかな?

明日は、乗っ取り屋VS秋山のようです。

夏美(比嘉愛未)や彩華(白石美帆)たちが加賀美屋再建に向けて頑張るなか、辞めた仲居たちも戻って来て旅館は以前のような活気を取り戻していた。環(宮本信子)は旅館を手伝いに訪れたアキ(鈴木蘭々)に、精一杯頑張る自分たちの姿を記録に残すため写真を撮って欲しいと頼む。そんな旅館の様子を秋山(石原良純)がこっそりと伺いに来ていたが、突然秋山の部下たちが現れ、加賀美屋の営業中止を環に申し入れた。
posted by kin at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月24日

比嘉愛未、近況

p_higa.gif00650726.jpg比嘉愛未ちゃんが、秋の全国交通安全運動の一環として、24日警視庁渋谷署の1日署長を務めた。

 若者らでにぎわうJR渋谷駅のハチ公前広場に、比嘉愛未ちゃんは制服姿で登場。女性警察官とともにトークショーに笑顔で臨み「わたしだけが大丈夫と思わずに、責任を持って運転することで、危険で悪質な運転は少なくなるのでは」と飲酒運転事故の防止などを呼び掛けた。

 比嘉愛未ちゃんはその後、渋谷区・道玄坂で違法駐車のバイクに確認標章を取り付けるのを手伝った。

撮影は、とっくに終わっていますが、NHKのドラマに出ると、こういった依頼が増えるんですね。また、「比嘉愛未」をgoogleで検索するとどんど晴れ放送開始の頃は14万件くらいでしたが、今は100万件に近づいています。これからも活躍して欲しいと思っています。



posted by kin at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ、どうなる加賀美屋

セインの行動が理解できません。
加賀美屋を潰したらネームバリューがなくなるんじゃありませんか。
しかも、倒産寸前が事実無根なら、出版社を訴えるべきなのでは!
それに、53%の株を持っているなら、経営権はいつでも行使できるのだから、雑誌にスキャンダル流すメリットは何も無いような気がしますが。

明日は、 
 加賀美屋を手助けしようとする動きは外にも広がっていた。韓国の映画スターのジュンソ(リュ・シウォン)はホームページで加賀美屋を応援しようとファンに呼びかける。さらに経済評論家の斎藤愛子(とよた真帆)はテレビ番組で老舗旅館を強引に買収しようとする外資ファンドの手法を痛烈に批判した。そのおかげもあって宿泊予約は回復し明るい兆しが見える。一方、脳梗塞で倒れた啓吾(大杉漣)はリハビリを開始した。
posted by kin at 18:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月23日

NHK朝ドラ どんど晴れ、あー終わっちゃう。

photo_070918.jpg今週で、放送が終わっちゃいますね。
この半年経つのは早かったように思えます。
愛未ちゃんの演技力も向上し、肩の力が抜けてきた所なので、もう少し見てみたい気がしますが・・・・

ちゅらさんみたいに特番でも(ん?あるな)、それを楽しみに、今週、目を見開いて見ましょう。

posted by kin at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月22日

NHK朝ドラ どんど晴れ、聡の正体は?

彩華も板長も、何も告げず加賀美屋を去って行ったのに、万遍の笑顔で迎えるのは、夏美のおかげかな。
ちょっと気になったのが、聡と乗っ取りやが顔見知りだった点で、ひょっとして、聡は中尾彬の息子って設定なのでは?と思いつつ、月曜日のお話です。

 夏美(比嘉愛未)は一週間あれば加賀美屋を立て直してみせると秋山(石原良純)に言ったものの、確たる自信はなかった。しかし、彩華(白石美帆)や元板長の篠田(草見潤平)という強力な助っ人が現れ、さらにイーハトーブの裕二郎(吹越満)たちも手伝いに来て、加賀美屋は再び活気を取り戻す。柾樹(内田朝陽)から乗っ取り屋の後ろに外資の乗っ取り屋がいると聞いた聡(渡邉邦門)はなぜか東京へと向った。
posted by kin at 15:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ、来週でおしまい

w26_3.jpgあっと言うまだったように思えますが、来週で放送終了です。
最初は、視聴率低迷や演技の出来でどうなることかと思いましたが、終盤では視聴率も20%前後で安定し、内容に多少の疑問はありものの面白かった思います。

最終週の展開です。

第26週(最終週)「来る者帰るがごとし」9月24日〜9月29日
夏美(比嘉愛未)は加賀美屋を立て直してみせると秋山(石原良純)に言ったものの、確たる自信はなかった。だが、彩華(白石美帆)や元板長の篠田(草見潤平)という助っ人が現れ、裕二郎(吹越満)たちも手伝いに駆けつける。さらに韓国スターのジュンソ(リュ・シウォン)が加賀美屋を応援しようとファンに呼びかけ、経済評論家の斎藤愛子(とよた真帆)はテレビ番組で老舗旅館を強引に買収しようとする外資を痛烈に批判した。おかげで宿泊予約は回復し明るい兆しが見える。加賀美屋を守ろうとする世間の反応に戸惑った秋山は、こっそりと旅館の様子をうかがいに来た。ところが突然、秋山の部下たちが現れて営業の即刻中止を宣告する。環(宮本信子)はその要求を受け入れるが、今日一日だけは客を迎えたいと頼み込む。その時、茶番劇はこれまでだと秋山が割り込み、自分が持つ加賀美屋株5%があれば環たちの経営権は剥奪できないと加賀美屋の味方につく。事態が好転する可能性を感じた柾樹は買収を仕掛ける外資グループと交渉をはじめ、ついに加賀美屋乗っ取りの危機は回避された。落ち着きを取り戻した加賀美屋に、啓吾(大杉漣)から桜のシブーストが送られてくる。夏美は一本桜をイメージしてデザインしたこのケーキを新生加賀美屋の象徴にしようと考えていた。


posted by kin at 08:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ、3%の株取得?

半年前に誰から3%の株を取得したんでしょうか?

加賀美屋の株は市場に出回っていたんでしょうか?

一般論ですが、こう言った身内で営業しているような所の株は、身内で持っている場合が多いと思います。と言うことは勝手な推測ではありますが、親族の誰かが現金欲しさに売ったんですかね。時系列がわからないのでなんとも言えませんが、半年以上前に秋山は盛岡に居た ということですね。この話、降って沸いたような気がしますが・・・・

加賀美屋のピンチに縁のある人大集合ですが、この中にホワイトナイトが現れるのでしょうか。秋山や外資系企業が簡単に株を渡すようには思えないのですが・・・・どうなることやら・・・
posted by kin at 08:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月21日

NHK朝ドラ どんど晴れ、ピンチはチャンス

 ピンチはチャンス、負けるな夏美!

とは言うもののどうしようもないのかな?

虚偽の説明での契約は無効でしょう。おまけに株券は伸一の裏書があったのかな?

なんで伸一の名前で契約が有効なのかもわからない?

勝手に社長の親父に断りなく印鑑をつけば、私文書偽造じゃないの?

脚本家はその辺を確かめて書いているんでしょうから、契約が無効で・・・って話にはならないんでしょうが・・・なんか変。

明日もピンチだ! (アルソックでも呼ばないと=ピンチに強いぞ・・)

夏美(比嘉愛未)はそばにいて啓吾(大杉漣)を看病したいと願うが、盛岡に帰れと相手にされない。加賀美屋が大変な状況のなか必死で頑張る夏美を応援したい啓吾の思いを汲んで、房子(森昌子)と智也(神木隆之介)も盛岡に帰るように夏美を説得する。そのころ万策尽きた加賀美屋では、環(宮本信子)が秋山(石原良純)の提案を受け入れようとしていた。これですべてが終わるというその時、夏美が加賀美屋に戻って来た。
posted by kin at 16:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月20日

NHK朝ドラ どんど晴れ、悪いときには

 間が悪いというか、悪いときには悪いことが重なるものではありますが、夏美ちゃん大丈夫?せめて電車の中で休めばいいのにと思いつつ、休めないよなあ。
 ここは、ドーパミンをどっさり出して乗り切るしかないよなあ。

明日は、脳梗塞の手術から目の覚めた親父が怒鳴るようですが、いいんだろうか?

啓吾(大杉漣)が倒れたと聞いた夏美(比嘉愛未)は急いで横浜に戻った。手術は成功したが脳梗塞の後遺症が残ると宣告され、夏美や房子(森昌子)たちは大きなショックを受ける。一方加賀美屋では、夏美がいなくなってほかの家族たちの負担が増していた。環(宮本信子)は秋山(石原良純)の仕掛けた持久戦に持ちこたえられるのか不安になる。翌朝意識を回復した啓吾は喜ぶ夏美に、盛岡へ帰れと怒りだす
タグ:どんど晴れ
posted by kin at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

NHK朝ドラ どんど晴れ、どうなるの?

仲居が辞め、板前が辞め、もてなしはしなければ・・では、いつまで体が持つかわかりませんよね。秋山も今の時点で仲居や板前を引き抜いてどうするつもりなんでしょう?引き抜いた以上は就職の手配など受け皿を用意してあるのかな?

話は変わって、ちょっとだけ情報、乗っ取り屋の西田(池内万作)は、宮本信子の実子だそうです。

もうひとつ、愛未ちゃんが、次回作「ちりとてちん」の主役貫地谷しほりと対面の話題、
43373_c160.jpgNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」の主役、比嘉愛未さんと10月から始まる「ちりとてちん」の主役、貫地谷しほりさんが19日、NHK大阪放送局で対面した。
 先月収録を終えた比嘉さんは「たくさん食べることで1年間を乗り切れました」と先輩としてのアドバイス。収録が続く貫地谷さんは「健康第一に頑張ります。今度はぜひ共演したい」。
 今年4月に過去最低の視聴率でスタートした「どんど晴れ」だが、終盤に入って一転、高視聴率が続いている。番組プロデューサーは「ヒロインだけでなく高視聴率も引き継ぎたい」。

posted by kin at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月19日

NHK朝ドラ どんど晴れ、ありえない。

給料を上げろ!じゃなきゃ辞める。

 唐突過ぎて、プロの仲居かもしれませんが、社会人として失格です。
少なくとも辞める前2週間に通知(辞表・辞意)しなければならない契約になっているはずです。急に辞められてはどんな会社でも困るはずですから。
 当然、退職金も支払う必要がなく、辞める側にメリットはありません。お金がいるから辞めるのに、お金なんか要らないと言っているのと同じですから、ありえない話でしょ。
 おまけに次の職を見つけて辞めるのが普通じゃありません。今の時代、使ってもらえるだけでもありがたいのにね。見習い程度の板前はなんで辞めるの?  

これでもかってヒロインに試練を与えるだけのドラマは、朝のドラマにはふさわしくないんじゃないでしょうか。

明日も試練を・・・・・

夏美(比嘉愛未)は出て行こうとする清美(中村優子)を引き留めるが、家族のため高い給料が欲しいと言われて引き下がるしかなかった。さらにほかの仲居や板前たちも条件の良い職場に移るため出て行ってしまう。環(宮本信子)はこの危機を家族一丸となって乗り切ると宣言する。それからは家族の誰もが加賀美屋を守るため弱音をはかずに働き続けた。そんな時、夏美の父啓吾(大杉漣)が倒れたという知らせが届く。
posted by kin at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。